縮毛矯正

完全に縮毛矯正をやめるにはどうすれいいの?

みなさんこんにちは。主税(@chikarakouichi)です。

脱縮毛矯正。

ふるさん
ふるさん
確かにどのタイミングで縮毛矯正をやめるのの迷ってました。

脱縮毛矯正を考えている方にはぜひこちらの記事を参考してもらえたらと思います。

 

そのためにしばらく頑張ってみても、だんだん扱いにくくなって、また縮毛矯正をしてしまう人が少なくありません。

その状態のままズルズルと、数年単位で縮毛矯正から抜け出せていない人さえいるくらいです。

実は「どうすれば縮毛矯正から完全に脱却することができるのか」

をご存じでない人が多いと思います。

そこでまずは

「どのような流れで縮毛矯正をやめることができるのか」

縮毛矯正から完全に脱却するまでの流れは?

最終的には「縮毛矯正がかかった箇所を100パーセントカットする」ことを目指します。

当たり前と言えば当たり前ですが、

「縮毛矯正がかかった場所」がこれで全部なくなりますよね。

つまりは、地毛に戻していくということですね。

 

ですが、一度に「地毛である根元」まで全部カットしてしまうのはさすがに無理があります。

一般的に言って「女性のヘアスタイル」としては短くなりすぎると言えますよね……。

そこで、まずは「顎くらいまでの長さ」まで髪をカットします。

これくらいの長さがあれば、アイロンで内巻きにすることが可能です。

 

でも、「縮毛矯正をしてから24か月以上経過している」のであれば、

この程度切るだけでも、スムーズに地毛に移っていくことができる可能性が高いです。

(人それぞれなので一概には言い切れませんが)

 

ですが、「縮毛矯正をしてから数か月~18か月程度しか経っていない」となると、

1回のカットで「縮毛矯正がかかった部分」を100パーセント切ると不自然になってしまうケースが多いです。

 

この場合は、何回かに分けて、毛先をちょっとずつ切り落としていくのがセオリーですね。

「何回かに分けてカットして脱縮毛矯正をする」ときの流れ

「毛先に縮毛矯正がかかったままの状態」でカットすると、毛先が妙にまっすぐになってしまうかもしれません。

それでもできるだけ違和感が出ないようにカットするわけですが、縮毛矯正の残り具合やかかり方次第では完全にナチュラルな雰囲気にすることはできません。

毛先の縮毛矯正を当ててる髪の毛にはどうしてもピンとした箇所がの残ってる場合がございますので、美容師さんと相談して長さを決めましょう!

この状態の毛先が残っているとき、

つまり「地毛と縮毛矯正が一緒に存在するとき」は、膨らみやすく、ハネやすくなります……。

 

クセ毛カットを行う事で、「乾燥させるだけでまとまるショート」になるので負担は減りますが、「ストレートアイロンを使って毛先に丸みをつける」と、もっと違和感が出にくくなります!

さて、

襟足

耳の後ろ

表面

という順に地毛へと戻っていきます。

 

でも、「まっすぐ感」が、ラストまで毛先の表面に残ってしまうんですよね。

これは結構厄介です。

だからこそ、その部分にアイロンを使って流れを生み出して、丸みのある感じにまとめるのがポイントです!

こんなふうに

1.5~2か月ごとに切り続けると、6~12か月くらいで、

「脱縮毛矯正」が100パーセント完了します!

そのあとは、クセを活用した髪型へと移行できますよ。

脱縮毛矯正まとめ

計画性を持って「脱縮毛矯正」に取り組まないと、

途中で「根元がなんだか……」というふうにモヤモヤして、

扱いにくさにイライラして、

「また縮毛矯正をしようかな……」と、諦めてしまうことになる可能性が高いです。

完全に縮毛矯正から抜け出したい!

という人は、

最初に、

「縮毛矯正がかかっている箇所と、長くなってきている地毛とのバランス」

を知りましょう。

そして、

「完全にカットできるまでにどれくらいかかって、どのような方法で進めていくのか」

をハッキリさせましょう。

「あとどれくらいで脱縮毛矯正ができるんだろう……」

と日々思っていると気が遠くなってイヤになりそうですが、

「あと○○か月くらいで脱縮毛矯正ができる!」

と思えれば、頑張っていくことができるのではないでしょうか。

コウイチ

最後まで読んでくれてありがとう!ブログの更新情報はtwitterで発信しているからフォロー(@chikarakouichi)してくれたら嬉しいです♪

ABOUT ME
主税 巧一
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!
ヘアエステ「美髪ストレート」

熱ダメージの軽減に成功した今までにない新しい縮毛矯正!!
《この縮毛矯正で解決できる悩み》
・コテ巻きもふんわり綺麗にきまる
・熱ダメージが少ないので繰り返し施術可能
・ツヤの長持ち
・指通りの違い

>>美髪ストレートのご予約はこちら