美容コラム記事

ヘアスタイル撮影と美容師の技術合わせたスキルを身につける方法

ヘアスタイル撮影と目的

皆さんこんにちは。本日はヘアスタイルの撮影日です。改めて撮影日で、『だから何?』と思う方もいますが、逆に『美容師なのに撮影?』と思う方もいますので、まぁ最後まで読んで言って下さいー。

まぁ美容師が撮影をするのは僕達では普通な事なのであれですが、一般の方からしたらホットペッパーやホームページのスタイル撮影を美容師が撮ってるなんて想像もしないでしょうね。

そうなんです!

あれらはほとんど美容師が撮影しております!

勿論自分達だけでは全部撮影してる訳ではないですが、目的によってはプロに依頼をしていて自分でする場合もプロに依頼するという使い分けをしてる感じですね。

お金が無限にあればヘアスタイルを撮影できますが、普通はそうもいきませんよね。自分達で出来ることは自分達でするというのが主流になった訳です。

ヘアカタログ撮影

では、撮影の概要が分かってもらえた事で今日はヘアスタイルの撮影日でした。これから大体毎月3回〜4回近く撮影を行なって行こうと思います。

ヘアスタイルもどんどん更新していきますので、ご自身に合うスタイルが見つかれば嬉しいです。

今回の撮影目的は3つ

・コラム記事用の撮影(ブログ用とは別に美容記事の写真用)

 

・ヘアカタログ用撮影(通常の長さやカラー別に検索して見つけるヘアカタログ)

 

・ホームページのブランディング用撮影【ヘッダー撮影やお店看板となる撮影】

コラム記事用
主にこういう記事に使うアイキャチ画像やイメージ画像などが目的で、サロンスタイルも1つの集客ツールだけど、コラム記事も大事な集客ツールの1つでございます。

ヘアカタログ撮影
まぁこれは皆さんわかりますよね。こんな感じで美容師としての名刺みたいなもんですよね。とにかくヘアスタイルはあればあるほど良いですね。これから本当に毎月4本5本ぐらい撮影しまくっていくつもりですね。

ブランディング撮影
これはよくお店の看板やホームページのメイン画像でよく使われる撮影です。ヘアカタログというよりかはイメージ撮影とクリエイティブ撮影の間みたいな感じでしょうか。これは美容師で撮影して本当に楽しい撮影時間でございますね。

撮影と集客

これが、美容師の休日で行われてる撮影の流れでございます。会社でも大人数のチームでブランディングチームやメンズ特化チーム、コラムやブログ販促撮影チームなどがあります。

ちなみに私は1人で基本撮影します。何処にも属しません。てか、集団行動が苦手のコミュ症でして。(笑)

まぁこんな感じで美容師と撮影について知って頂けたらなと思います。可愛い子でも撮り方や見せ方、髪型でガラッと変わるので、『綺麗な写真!』この人にしてもらえたら可愛くなるかも!とそう思わすように美容技術と撮影技術両方を勉強していくのが今の時代です。

その他、今だとバック撮影なども主流です。

顔なしでカラーを売りにしてるお店やくびれショートボブを売りにしてる美容師さんなども個人ブランディングでインスタなどで沢山アップしており凄く参考にさせていただいております。

軽くブログを書くつもりが気づいたら結構な文字数になっていました。

まぁこんな感じで日々の美容師ライフを更新していきまーす!また見に来て下さいー♪

ABOUT ME
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)店長|アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!