縮毛矯正

【内巻きボブの当て方】縮毛矯正を当てて内巻きにするポイント解説

はい、みんさんこんにちは。主税(@chikarakouichi)です。

今回は縮毛矯正を当てて内巻きにする方法を解説していこうと思います。

ふゆさん
ふゆさん
以前縮毛矯正を当ててピンピンななった事があります

縮毛矯正(ストレートパーマ)をかけたことない人も多いでしょう。

ボブで癖が強くて矯正当てる方の悩みが、ピンピンした不自然さが

嫌!

という方も多いと思います。

とくに肩上のボブスタイルなどではオカッパっぽくなれば致命的です!

ボブスタイル前のヘアスタイル

ふゆさん
ふゆさん
肩に当たってはねそう!

中途半端なスタイルはケアが大変ですね

段をあまり入っていない 肩下のボブスタイルです。

仕上がりは 毛先がピンピンしないように、少し丸める予定なので、

先に長さを決めてカットして、丸みを作る位置を間違えないようにしています

縮毛矯正は半年に1回の履歴です。
毛先は毎日アイロンをしており、カラーは2ヶ月に一回ぐらいです。

バックはこんな感じになっています。

中間〜毛先はかなり広がりが出やすくモワッと膨れ上がる感じです。

元々の根本の膨れ上がりがどうしてもでてしまう方なので、

縮毛矯正でボブにする場合はかなり要注意です。

施術の流れ

まずは、カットからしていきます

ふゆさん
ふゆさん
カットからするには理由があるんですか?

今回は肩上までの7cm近くはカットするので、先にカットのベースを作ってから、縮毛矯正を当てる方がボブヘアを内巻きに自然に当てやすくなります。

ただし、毛先を丸めすぎると 毛流の影響でハネてしまうん方もいるのでそこは注意しながらほどほどの曲線で仕上げるようにします。

内巻きボブヘアでイメージチェンジ

アゴ下の横に入るサイドの毛先は実際の方だともう少し中に入っております。

内巻きに入れるボブのの長さは顎より少し下がベストです。

内巻きに入れるボブのの長さは顎より少し下がベストです。

それよりも、短くしてしまうとシルエットやヘアバランスが

縦✕高さが1:1

になんてしまうのでオカッパよりの個性的なスタイルになるからです。

縮毛矯正はあくまでストレートにする技術なので、内巻きにする場合は、これ以上曲げるのであればデジタルパーマ必要ですね。

ワンカールなら、デジタルパーマの方が向いてると思います。

いかにも「 縮毛矯正を当てました!」感がでないのでお風呂上りに自分で乾かしても同じようになるのが、この内巻きに入れるボブヘアの良い所ですね!

ふゆさん
ふゆさん
スタイリングが楽しくなりそうです!

今後バッサリ切らなければ、しばらくカットだけでも、

ほんのり自然なカーブが不思議と残るのでスタイルが作りやすいんです。

ただ、髪質や癖の度合いによっても同じように出来ないのが残念な所ですね。

内巻きボブのポイント

今回は先にカットしてから当てましたが、手順を変えるだけでも仕上がりにムラが出てしまいます。

ふゆさん
ふゆさん
髪質によって施術方法は変えてるんですね。

使用してる薬剤の違いだけではなく、髪質( 髪の状態 )の見極めや

アイロンによる熱の当て方など、全ての要素がかみ合ってはじめてキレイに伸ばせるし、キレイに曲がります

これは、今回の仕上がりではなく次回に当てる際にも影響してくるので注意が必要になります。

縮毛矯正は最初当てるのが一番難しいです。

繰り返し当ててたりダメージなど同じ条件が揃ってると割と簡単なんですが、

初めてのご来店される方で更に初めて縮毛矯正を当てる方は念入りにカウンセリングを聞いてお薬を考えます。

  • 髪の熱の入り方
  • テンションのかけ方
  • 部位ごとのボリュームの残し方

アイロン中は結構集中してるので、自分はあまり話しないかも…

まだまだ技術的には反省点もあったり、講習に参加して施術や薬剤の知識も入れながら試行錯誤して クオリティが上がるようにしてます。

他のケースでのボブスタイルの記事

今回はインスタでも凄く人気でいいねをもらえましたね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

主税巧一/縮毛矯正コンサルジュ/髪質改善/くせ毛を活かした(@nyny_chikarakouichi)がシェアした投稿

こちらの記事は根本がウネウネする癖の方でした。
パサツキや広がりが出てしまいやすい毛質ですね。

【ボブスタイルで縮毛矯正当てる方へ】スタイルチェンジを考えてる必見! みなさんこんにちは。主税(@chikarakouichi)です。 『もうそろそろロングも飽きてきたなー』 『短く切ってみよ...

ショートボブ(顎上)のかなり短めのお客様です。
襟足を収めるのにかなり難しいですね。

縮毛矯正で自然なショートヘアに!ショートボブやボブ 縮毛矯正(ストレートパーマ)はアイロンで決める! はい、みなさんこんにちは。主税(@chikarakouichi)です。 私は年間縮毛矯正の人数は大体300人以上担当していていま...

ボブはシルエットが命

この技術で一番難しいと言われるのがやはり襟足付近の丸みです。

このアイロンの技術と適切な薬剤判断、くせ毛を理解したカット。

ボブはシルエットが綺麗に決まらないと、スタイルが崩れてしまいバランスも悪くスタイルが持ちません。

なんだか疲れている人に見えてしまう恐れもありますので、襟足ははかなり念入りにアイロンします。

サイドのシルエットも忘れちゃいけないポイントです。

ここは、内巻きにスタイルを作るための重要なポイント部分です。

ボブヘアに縮毛矯正をして1番気になるのが毛先のピンピンした仕上がりの不自然さが一番気になる部分だと思います。

ヘアスタイルが短くなるほどピンピンした仕上がりになりがちです。

ダメージ量を減らして上げるとより自然に仕上げるのが容易になってきますが、コツとしては、半乾きで寝たりしないようにしっかり乾かしておきましょう。

内巻きボブのまとめ

いかがでしたでしょうか??

くせ毛があるから縮毛矯正はかけなければいけなくていつも同じヘアスタイルの方は

ぜひ、ボブのヘアもチャレンジしてみませんか?ヘアケアの方法もロングより簡単ですのでズボラっ子さんは是非!

コウイチ

最後まで読んでくれてありがとう!ブログの更新情報はtwitterで発信しているからフォロー(@chikarakouichi)してくれたら嬉しいです♪

ABOUT ME
主税 巧一
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!
ヘアエステ「美髪ストレート」

熱ダメージの軽減に成功した今までにない新しい縮毛矯正!!
《この縮毛矯正で解決できる悩み》
・コテ巻きもふんわり綺麗にきまる
・熱ダメージが少ないので繰り返し施術可能
・ツヤの長持ち
・指通りの違い

>>美髪ストレートのご予約はこちら