縮毛矯正

【内巻きボブの当て方】縮毛矯正を当てて内巻きにするポイント解説

はい、みんさんこんにちは。主税(@chikarakouichi)です。

今回は縮毛矯正を当てて内巻きにする方法を解説していこうと思います。

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]ピンピンなボブにならないですか?[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]自然な内巻きには当てれますよ。[/speech_balloon_left1]

縮毛矯正(ストレートパーマ)をかけたことない人も多いでしょう。

ボブヘアでの癖が強く当てる方での悩みが、ピンピンした不自然さが いや!という方も多いと思います。

とくに肩上のボブスタイルなどではオカッパっぽくなれば致命的です!

こんな悩みを持ったあなたに向けの記事
[speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]自然な内巻きにしたい[/speech_balloon_left2] [speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]ボブでも当てれますか?[/speech_balloon_left2] [speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]手入れはどうしたらいいですか?[/speech_balloon_left2]

本記事では「くせ毛の種類を知ってご自身のくせ毛を理解してもらいヘアスタイルを合わしてもらう方法」をご紹介。

読み終われば、美容室でのカウンセリングにて説明不足が解消されて思い通りの髪型にしてもられる率が高くなりますよ!

年間300人以上担当しくせ毛についてを研究してきた現役美容師が、美容室で失敗しないための知識などを解説していきます。

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/997A42C6-58A9-47F8-A55B-5F4E6A56B577.jpeg” user_name=”主税”]縮毛矯正について詳しく知りたい方はこちら[/speech_balloon_left1] まずは、縮毛矯正のメリットやデメリットをしってもらう為の記事
縮毛矯正の解説記事まとめ
ここを読んで貰えれば、今日の本記事はスムーズに知識が入ると思います。

ボブスタイル前のヘアスタイル

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]肩に当たってはねそう![/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]中途半端なスタイルはケアが大変ですね[/speech_balloon_left1]

まずは、beforeはこんな感じです。

段をあまり入れてない 肩下のボブスタイル

仕上がりは 毛先がピンピンしないように、少し丸める予定なので

先に長さを決めて、丸みを作る位置を間違えないようにしています

縮毛矯正履歴
縮毛矯正は半年に一回の履歴です。
毛先は毎日アイロンをしておりう、カラーは2ヶ月に一回ぐらいです。

 

バックはこんな感じになっています。

 

 

中間〜毛先はかなり広がりが出やすくモワッと膨れ上がる感じです。

元々の根本の膨れ上がりがどうしてもでてしまう方なので、

縮毛矯正でボブにする場合はかなり要注意です。

 

施術の流れ

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]まずは、カットからしていきます[/speech_balloon_left1] [speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]カットからするには理由があるんですか?[/speech_balloon_right1]

今回は肩上までの7cm近くはカットするので、先にカットのベースを作ってから

縮毛矯正を当てる方がボブヘアを内巻きに自然に当てやすいんです。

ただし、毛先を丸めすぎると 毛流の影響でハネてしまうん方もいるので

ほどほどの曲線で仕上げるようにします。

 

内巻きボブヘアでイメージチェンジ

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]誰っ!ていう感じなんですが[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]綺麗に内巻きなボブになりましたね[/speech_balloon_left1]

アゴ下の横にくる サイドの毛先は もう少し曲がるようにしてます

内巻きに入れるボブのの長さは顎より少し下がベストです。

 

それよりも、短くしてしまうとシルエットやヘアバランスが

 

縦✕高さが1:1

 

になんてしまうのでオカッパよりの個性的なスタイルになるからです。

 

縮毛矯正はあくまでストレートにする技術なので、内巻きにする場合は

これ以上曲げるのであれば

デジタルパーマ必要ですね

 

ワンカールなら、デジタルパーマの方が向いてると思います

 

いかにも「 縮毛矯正を当てました!」感がでないので

お風呂上りに自分で乾かしても同じようになるのが

この内巻きに入れるボブヘアの良いところですね

 

今後バッサリ切らなければ、しばらくカットだけでも

ほんのり自然なカーブが 不思議と残るので スタイルが作りやすいんです

 

ただ、髪質や癖の度合いによっても同じようにできないのが現状ですね。

 

内巻きボブのポイント

今回は先にカットしてから当てましたが、手順を変えるだけでも仕上がりにムラが出てしまいます。

 

使用してる薬剤の違いだけではなく、髪質( 髪の状態 )の見極めや

アイロンによる熱の当て方など、全ての要素が かみ合って

はじめてキレイに伸ばせるし、キレイに曲がります

 

これは、今回の仕上がりではなく次回に当てる際にも影響してくるので注目ポイントですね。

 

縮毛矯正は最初当てるのが一番むずかしいんですよね。

繰り返し当ててたりダメージなど同じ条件が揃ってると割と簡単なんですが

 

初めてのご来店される方で更に初めて縮毛矯正を当てる方は

念入りにカウンセリングを聞いてお薬を考えます。

 

・髪の熱の入り方

・テンションのかけ方

・部位ごとのボリュームの残し方

アイロン中は結構集中してるので、あまり話しないかも…

 

まだまだ技術的には反省点もあったり、講習に参加して施術や薬剤の知識も入れながら

試行錯誤して クオリティが上がるようにしてます。

 

他のケースでのボブスタイルの記事

今回はインスタでも凄く人気でいいねをもらえましたね。

 

こちらの記事は根本がウネウネする癖の方でした。
パサツキや広がりが出てしまいやすい毛質ですね。
[clink url=”https://kouichiblogchikara.com/13-3/”]

ショートボブ(顎上)のかなり短めのお客様です。
襟足を収めるのにかなり難しいですね。
[clink url=”https://kouichiblogchikara.com/%e3%80%90%e3%81%94%e6%8f%90%e6%a1%88%e3%80%91%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%81%ae%e6%96%bd%e8%a1%93%e3%81%ab/”]

ボブはシルエットが命

この技術で一番難しいと言われるのがやはり襟足付近の丸みです。

ボブはシルエットが綺麗に決まらないとスタイルが崩れてしまいバランスも悪くスタイルがもちません。

なんだか疲れている人に見えてしまう恐れもありますので、襟足ははかなり念入りにアイロンします。

 

このアイロンの技術。適切な薬剤判断。ボブにするためのくせ毛を理解したカット。

サイドのシルエットも忘れちゃいけないポイントです。

ここは、内巻きにスタイルを作るための重要なポイント部分です。

ボブヘアに縮毛矯正をして1番気になるのが毛先のピンピンした仕上がりによってでる

不自然さが一番きになる部分だと思います。

ヘアスタイルが短くなるほどピンピンした仕上がりになりやすいです。

ダメージ量を減らしてあげるとより自然に仕上げるのが容易になってきます。

コツとしては、半乾きで寝たりしないようにしっかり乾かしておきましょう。

内巻きボブのまとめ

いかがでしたでしょうか??

くせ毛があるから縮毛矯正はかけなければいけなくていつも同じヘアスタイルの方は

ぜひ、ボブのヘアもチャレンジしてみませんか?ヘアケアの方法もロングより簡単ですので

是非ご相談は主税までご連絡下さい!

必ず綺麗にしてみせます!

ABOUT ME
アバター
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)店長|アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!