お知らせ

髪の毛がからまり、毛玉になって解けない時!改善方法と処理の仕方!

みなさん、こんにちは。主税(@chikarakouichi)です!

今回はダメージが出すぎてしまった時に起こる出来事と改善方法をお答えしていきます。

ダメージというのは、ケアしないとどんどんと髪の毛の中で蓄積していきます。

ですが、どこかのタイミングで表面や内部に現れてきてしまいますのでその改善方法をお伝えしていきます。

 

こんな悩みを持ったあなたに向けの記事
[speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]髪の毛がからまりすぎてどうしたらいい?[/speech_balloon_left2] [speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]からまった時の方法h?[/speech_balloon_left2] [speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]傷ませないようにするには?[/speech_balloon_left2]

本記事では「くせ毛の種類を知ってご自身のくせ毛を理解してもらいヘアスタイルを合わしてもらう方法」をご紹介。

読み終われば、美容室でのカウンセリングにて説明不足が解消されて思い通りの髪型にしてもられる率が高くなりますよ!

年間300人以上担当しくせ毛についてを研究してきた現役美容師が、美容室で失敗しないための知識などを解説していきます。

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/997A42C6-58A9-47F8-A55B-5F4E6A56B577.jpeg” user_name=”主税”]縮毛矯正について詳しく知りたい方はこちら[/speech_balloon_left1] まずは、縮毛矯正のメリットやデメリットをしってもらう為の記事
縮毛矯正の解説記事まとめ
ここを読んで貰えれば、今日の本記事はスムーズに知識が入ると思います。

 

毛玉になってしまった場合

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]からまってとれないです〜。[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]落ち着いて下さい!まずはほどいていきますので![/speech_balloon_left1]

 

お客様の中でたまにこういう現象のお客様がご来店されます。

みなさんもこういう経験はございますか!?

ダメージが出るとね、こういう事が起きるんですよ。

絡まりやすい方
◎細毛や軟毛の方
◎エクステ外した方
◎ダメージがかなり蓄積してる方

こうなってしまった場合は、ご自分で無理にほどくのは止めましょう!

根っこから切れる可能性がありますので美容室に行って解いてもらいましょう!

髪の毛がダメージが出過ぎた場合の参考記事も貼っておきますので参考下さい。

【髪の毛が痛みすぎた場合はどうしたらいい?】
[clink url=”https://kouichiblogchikara.com/?p=442″]

 

まず、こうなる前にどういった事を気をつけるかをご説明していきますね。

細毛、軟毛で縮毛矯正当てる方の注意点!

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]髪質によって注意点がかわるんですか?[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]そうなんですよ!全然変わってきます![/speech_balloon_left1]

多毛の方や太毛の方はもともとキューティクルが多いのでダメージの進行はカットやトリートメントで補えたら出来るのですが、

細毛や軟毛の方は髪の毛同士の摩擦なども影響受けやすく、例えば寝る時とかなどでもダメージが、すごく出てしまうんですよね。

普段のダメージの注意点
◎紫外線によるダメージ *ドライヤーやコテ、アイロンによるダメージ
◎濡れた状態での放置
◎エクステ外す時やブラッシングする時

日常生活では上記の事が特にダメージが受けていますので、この辺りのホームケアを重点的にケアをしていく事をオススメします。

ビビリ直しは最終手段

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]傷んでないように見える![/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]とんでもございません!髪の毛なかではダメージが起きております![/speech_balloon_left1]

今回の施術では、冒頭でも記事を添付しているビビり直しという施術を行いました。

あくまでもビビり直しは最終手段になるので、2週間ぐらいしたらもう少しダメージが飽き出てきまいますので、ご了承下さい。

 

✅ポイント
こういう場合はシャンプーもシリコン入りのシャンプーを使ってあげるといいかもしれません。シリコン入りのシャンプーは髪の毛を、コーティングしてくれるので広がりが抑えられます。

 

シリコン入りのシャンプーは悪みたいなイメージがありますが、決してそうではないので使い方次第です。

[clink url=”https://kouichiblogchikara.com/08-2/”]

肌が荒れたりや髪の毛が綺麗にならない場合は、合っていないので変える方がいいかもしれませんね。

髪の毛のからまりが起きてしまったまとめ

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]日頃からのケアが大切なんですね。[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]ダメージは改善できますからがんばりましょう![/speech_balloon_left1]

 

いかがでしたでしょうか?

からまりや、ひっかかりが起きてしまった場合は髪の毛の中でダメージが起きているという事になります。

 

髪質によっても普段のケアや施術内容も変わっていきますので注意が必要ですね。

 

いざ、この髪型にしたい時や薬剤施術を行う際にも影響してきます。仕上がりも希望通りの仕上がりに出来ないケースなども生まれる可能性がありますので、そういった事を事前に防ぐために美容室での周期を安定させましょう!

 

髪型を頻繁に変える方やパーマ・カラーをされる方は是非とも参考にしていただけたらと思います。

ABOUT ME
アバター
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)店長|アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!