ヘアカラー

ハイライトにシルバーアッシュを入れたオシャレ極細ハイライト!

みなさん、こんにちは。主税です!

今日はハイライトネタです。というか最近本当にオーダーが多いです!

縮毛矯正は全体の10%いたらいいと言われていますので、基本はカットやカラーのお客様が中心に回るのが一般的です!

カラーで『大体50%』ぐらいの比率でしょうか、、

入客の半分がカラーなんですよね。

その中でも、ハイライトのお客様で10%もいるかな、、という感じです。

じゃあ、なんでカラーの方を記事出さないんですか!?と聞かれると

単純にすでに情報量が多いから!

基本みんなできる事はそれだけ周りもしてるから。敵という表現が正しいかはわかりませんが、よっぽどどっかのテレビでたような有名美容師さんが出すとか、もしくはSNS上でインフルエンサーの方だとしたら話は別ですよね。

カラーなんて誰でもやってるし、大体皆さん情報知ってると思うところから、どんなお客様を呼びたいかを考えると、比率が少ない分野を極めるとてコンテンツを作り上げるというのにフォーカスに決めましたね。
自分は普通の一般美容師ですので。上と比較したら全然ですよ!まぁこれが普通なんでね。
自分が得意とするのがたまたま敵が少なっか縮毛矯正だったというわけですが、ハイライトも個人的にすごく好きで、なんというか全体カラーは基本塗るだけなので、飽きる!笑

やはりデザインが加わると楽しくなってくるのが、多分『この技術好きなんだろうんな〜』という所からでした!

縮毛矯正が得意なのですが、勿論他のコンテンツは上げていくのですが、完璧な特化型ブログではないので、ハイライトや他の技術やサロンワークのことなども載せていきます。その中でもくせ毛の悩みが一番多く書いていくという流れがこのブログの運営方針という感じです。

前置きが長くなりましたね。

では、早速今回のbeforeをみてみましょうか!

全体トーンを落としてのハイライト入れて欲しい!

こういう根本が伸び過ぎと毛先ブリーチ履歴がある場合の方は、基本予約は詰めてとりません。

なぜならbeforeの状態でファースト技術がほとんど自分でしないといけないから。まぁ自分がするのは当然ですが、アシスタントに任せてさせれる内容ではないからです。アシスタントの子達ごめんね

なるべく、ある程度できるようにならないとまず無理ですね。ぐらい!難しい!スピードも要求されるし!

今回に施術の流れ

  1. 根本暗めリタッチ
  2. ハイライト全体に20〜25枚
  3. 毛先外して中間塗布
  4. 色みながら毛先を塗布
  5. カラーシャンプーと乳化でハイライトに色を入れる
今回は根本を塗ってからハイライトをしました。あとでも先でもいいのですが、手順のやりやすさとパウダーの抜け具合が気になったからです。その後は、ホイルをどけながら中間を塗布していき最後に毛先をまとめて塗布をするという少し複雑な作業です。ハイライトの箇所は少し青みと保護色の紫をミックス剤とカラーシャンプで乳化で完成です

極細ハイライトのシルバーアッシュ♪

表面のアップはこんな仕上がり!

コントラスを少し抑えながら、ハイライトも綺麗に見せれる派手すぎないヘアカラーチェンジになりましたね。

一週間ぐらいすると、ハイライトと毛先の色が少し退色してくると思いますので、その退色も楽しめるように少し調合は工夫しております。

また、次は2ヶ月後にハイライトの色味チェンジをしていきましょう!

ABOUT ME
アバター
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)店長|アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!