縮毛矯正

パサつきやダメージを見せないようにるのは縮毛矯正をおすすめします。

はい、みなさんこんにちは。主税(@chikarakouichi)です。

女性の口コミ
女性の口コミ
あの…もともとがくせ毛でパサつくんですけど見えないようにすることはできますか?

完璧に治す事はできないですけどみえにくくする事はできるかと思います。

縮毛矯正を当てればくせ毛の悩みをほとんど改善出来るかと思います。

ダメージなども見えにくくすることも出来て、『毎日に朝のスタイリング』はすごく楽になると思いますよ。

☆お悩みPOINT☆

くせ毛を扱いやすくしたい方

ダメージを見えにくくさせたい方

パサツキをなんとかしたい方

表面上のダメージと内部ダメージを見極める

縮毛矯正は当てたての見た目はツヤツヤにサラサラになりますが、実際は髪の毛のダメージは出ています。

このダメージをちゃんと知っておかないと2回目3回目と続けて

縮毛矯正を当て続けて、何もホームケアしないままだと何処かのタイミングで髪質が急に変わってしま事にもなってしまいます。

薬剤履歴はとても大事になります

縮毛矯正において特にカラーパーマに比べると『アルカリ度合いが強いのが縮毛矯正』のお薬です。

今でこそ昔に比べるだいぶ薬剤でのダメージや匂いなどもマシになりましたが、それでもダメージ0の縮毛矯正は出来ないです。

なので、続けて矯正を当てるにはお客様にも多少の知識として知って頂いて、

更にホームケアもしてもらいながら美容師とお客様自身とで理解して施術を行なっていくのをオススメ致します。

お薬の選定で髪質をコントロールする

縮毛矯正のお薬の選定では、医者でいう手術みたいなものです。

これが、全く何もわからない何の薬かもしらない状態で施術すると大変な事になりますよね。

事実、縮毛矯正は美容師の経験値によっても仕上がりが異なってきます。

お店の方針や仕組みなんかでも、その美容師さんのスキルアップ度合いが変わるので仕方ない部分があります。

私のお店では昔っから縮毛矯正のお客様が凄く多いお店だったので、それも施術を任さられる事も多かったです。

女性の口コミ
女性の口コミ
縮毛矯正の薬剤は何処の美容室も一緒じゃないの?

そんな事ないですよ!美容室によって取り扱う薬剤は違いますよ。

自分は京都のお店で勤めてますが、地方から来られたお客様に凄く寄せられる質問です。

『これ以外にも沢山言われる事があります。』

  1. 前の美容室ではお薬をこの時間だけ置いてたのですが、こちらは違うのですか?
  2. いつも行ってた美容室ではローラーボール(加温機)を使ってましたが使わないんですか?
  3. いつも根本だけして毛先は当ててなかったのですが、一度当てた所は当てなくても良いと言われたのですが。

これです!本当に以前勤めてた施術を美容師全員同じやり方だと思ってる方、この説明を最初のカウンセリングで説明するのを何回も経験しましたね!

美容室の施術は習う会社や習う人によって変わってきます。施術方法なんかも取り扱う薬品によって施術内容が変わってきます。

今は縮毛矯正の薬剤は昔からネックだった時間がかかるという所も短時間で仕上がれるようになっているお薬も沢山出てきておりますので、前の人のやり方が絶対的に正しい皆一緒の薬剤という訳ではございませんので知っておいて下さい。

施術のプロセスを整理する

ここまである程度縮毛矯正について少し知ってもらえたかなと思います。

女性の口コミ
女性の口コミ
縮毛矯正は奥が深い難しい技術なんですね

美容師の技術の中でも最も難しい技術だと思っています。

お客様一人一人に合った施術を行う施術方法

これはどの施術を行うにしても1番大事な事ですが、それがカウンセリングです!

カウンセリングがもっとも仕上がりを左右することになります。

固客様なら大体髪質やどれぐらいダメージを起こしてるのかはわかりますが、初めてのお客様に至っては全く情報がありません。

なので、縮毛矯正の当てる頻度、以前当てた月、ダメージ度合い、その他のカラーやパーマの施術内容など、この辺りをちゃんと汲み取って施術を行なっていかないと仕上がりも綺麗に仕上がってくれません。


『どこに何をしてどのように行うのか?』

これが、最も重要な事だと思っています。

順を追って説明すると以外のようになります。

カウンセリング=現状の状態を確認しながら希望のスタイルを共有する。
仕上がりのイメージ=お薬の選定、仕上がりの質感、それに沿った施術方法を考える。
施術方法=施術中のイレギュラーも考えながら最小限のダメージを考えて行い補助材や処理材を使いながら施術をする。

ここまでが、自分の一通りの施術の流れです。

『こんな髪型違うけど』
『毛先は真っ直ぐに伸ばして欲しかった』
『根本ペッチャンコにしたくなかった』

こういう事が起きない為にお互いのイメージを共有する事が大事ですね。

仕上がりを評価して研究する

さて、時間もかかりようやく仕上がりも終わりです。

今回は約3時間ほどの施術でした。

縮毛矯正のお時間は髪の毛の状態やくせの度合いによっても変動しますが、 大体は3時間前後はかかってしまいます。

では、今回の仕上がりはこちらです。

[twenty20 img1=”331″ img2=”323″ offset=”0.5″]

いかがでしょうか!?今回もいい感じに伸びてくれたのではないでしょうか!

自分のこだわりPOINT☆

髪質は軟毛の多毛の方は薬剤は強めのお薬で施術はなるべく行わないようにしております。 どうしても強めのお薬を使用してしまうと経験上、パサつきが出てしまい微妙な仕上がりになってしまうからです。 なので、通常の普通毛の方よりかは時間がかかってしまいます。

あくまでも、その美容師さんによって施術方法は変わりますが、私は時間を短めの施術はあまりしません。

焦って早く終わらすよりかは、しっかりとそれも時間も多少かけて施術をしたいので、

これは私の経験上短時間の仕上がりだとクオリティが落ちてしまうので、

ご来店される際は余裕を持って時間を作って貰えると助かります。

今回の記事のまとめ
  1. パサつきやくせ毛の状態を見極めるカウンセリング
  2. 施術のプロセスをしっかり考える
  3. 薬剤選定では強めのお薬をメインでは使用しない
  4. 仕上がりを見て研究する

これから、まだまだ縮毛矯正の魅力や施術工程、知識等などもアップして皆さんと共有して行きますので是非また読みに来て下さい。

コウイチ

最後まで読んでくれてありがとう!ブログの更新情報はtwitterで発信しているからフォロー(@chikarakouichi)してくれたら嬉しいです♪

ABOUT ME
主税 巧一
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!
ヘアエステ「美髪ストレート」

熱ダメージの軽減に成功した今までにない新しい縮毛矯正!!
《この縮毛矯正で解決できる悩み》
・コテ巻きもふんわり綺麗にきまる
・熱ダメージが少ないので繰り返し施術可能
・ツヤの長持ち
・指通りの違い

>>美髪ストレートのご予約はこちら