ヘアカラー

『髪質改善』縮毛矯正とカラーの組み合わせについて

はい、みなさんこんにちは。主税(@chikarakouichi)です。

今回は縮毛矯正を当てて内巻きにする方法を解説していこうと思います。

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]髪質改善は縮毛矯正とカラー同時はしても大丈夫?[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]勿論大丈夫です!組合わせはすごく効果が高いですよ![/speech_balloon_left1]

今回は縮毛矯正とカラーの同時に髪質改善を行っていきたいと思います。

お客様からよくある質問ですが、縮毛矯正とカラーとの併用は可能かなのかという質問ですね。

以前こちらは記事にしていますのでご参考下さい!

[clink url=”https://kouichiblogchikara.com/%e7%b8%ae%e6%af%9b%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%81%a8%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%90%8c%e6%99%82%e6%96%bd%e8%a1%93%e3%81%afng%ef%bc%81%ef%bc%9f%e5%90%8c%e6%99%82%e6%96%bd%e8%a1%93%e3%81%ae%e7%96%91/”]

 

今日は髪質改善を縮毛矯正とカラーを同時に施術して美髪にするという施術になりますので是非最後まで読んでいただけたらなと思います。

 

こんな悩みを持ったあなたに向けの記事
[speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]同時メニューでダメージを抑えたい[/speech_balloon_left2] [speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]髪質改善でサラサラヘアにしたい[/speech_balloon_left2] [speech_balloon_left2 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/横顔アイコン.png” user_name=”悩み”]手入れを楽にしたい[/speech_balloon_left2]

 

本記事では「くせ毛の種類を知ってご自身のくせ毛を理解してもらいヘアスタイルを合わしてもらう方法」をご紹介。

読み終われば、美容室でのカウンセリングにて説明不足が解消されて思い通りの髪型にしてもられる率が高くなりますよ!

年間300人以上担当しくせ毛についてを研究してきた現役美容師が、美容室で失敗しないための知識などを解説していきます。

[speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/997A42C6-58A9-47F8-A55B-5F4E6A56B577.jpeg” user_name=”主税”]縮毛矯正について詳しく知りたい方はこちら[/speech_balloon_left1] まずは、縮毛矯正のメリットやデメリットをしってもらう為の記事
縮毛矯正の解説記事まとめ
ここを読んで貰えれば、今日の本記事はスムーズに知識が入ると思います。

 

beforeから

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]伸ばし途中なんですが、切らないといけないですかね?[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]出過ぎてる箇所はカットした方がよいですね[/speech_balloon_left1]

 

今回のお客様はダメージも気にされてる方ですが、

 

長さはあまり切りたくなく、

なんとかダメージを見えにくくしてロングヘアを保ちたいとの事です。

 

カラーとの同時施術は、ブリーチカラーは今のところMAXダメージですね。

ここではやはり6以下ぐらいが同時施術をするのであればお勧めできるのかなと思います。

 

できればですが、縮毛矯正とカラーは同時にはなるべく行わない

というのが良いと思いますが、

 

もし、同時に施術するのであれば、根本だけのリタッチか、色を入れて落ち着かせる

トーンダウンカラーがお勧めです。

同時施術のケア

縮毛矯正とカラーをした後にはアフターケアが大事になります。

もちろん美容室で一緒にケアして頂く方が一番良いとは思いますが、

 

その後、大体1週間の自宅ケアによってその後の持ちが変わってきます

使うものはサロン専売品用のシャンプートリートメント!

 

できれば『アミノ酸系』のものがお勧めです。

私の髪質に合うシャンプーを教えて欲しいと担当のスタイリストに聞いて頂ければいいと思います。

 

今の髪の状態や季節に合わせて一番マストなシャンプーやトリートメントを教えてくれることでしょう。

アフターケアポイント

注意点としては、よく言われていますが当日のシャンプーは避けて頂いております。

ですが人によればどうしてもなんか気落ち悪いとか、かゆいとかがあります。

 

ぬるま湯で大体38度くらいを目安に流してあげてマスクトリートメントをするという事をお伝えしております。

 

熱いお湯ですと、カラーの色味が抜けやすくなる場合がありますので、

手首にかけてみて、少し冷たいかもと感じるぐらいが良いと思います。

 

乾かすのも半乾きで乾かすと縮毛矯正の持ちが悪くなる可能性がありますので、

しっかり乾かしてあげましょう!

 

更にはアウトバストリートメントはなるべく使用してもらう方が良いです!

 

afterを御覧ください!

 

 

かなりイメージが変わったのではないでしょうか?

ダメージはだいぶ見えにくく今回は毛先を2〜3センチほどでのカットで施術が終えました。

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]ダメージが嘘みたいになくなりました![/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]しっかりとお家でケアしていきましょうね![/speech_balloon_left1]

 

縮毛矯正をしているとヘアカラーが綺麗に染まらない時がある!?

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]カラーと一緒にした時に毛先だけが暗くなった経験があります[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]ダメージホールによってカラーの同時はムラになる場合があるんですよ[/speech_balloon_left1]

普段同時施術をされてる方などで、カラーが結構なムラ染まりになっている方や、毛先が暗い状態になってしまった経験の方はないでしょうか?

一体なぜこんなことになってしまうのでしょうか??

縮毛矯正をすると髪にカラー剤が浸透しにくくなる

髪の毛は80%以上がタンパク質からできています。

そのため、縮毛矯正や日々のヘアアイロンの熱によって髪に変化が起こるのです。

 

矯正縮毛をすると、髪内部のタンパク質が熱によりタンパク質が少しずつ固まってしまい、カラー剤の浸透が悪くなります。

 

そして、髪のたんぱく変性が起こっている度合いによってカラーの発色さも変わってしまい

結果、縮毛矯正した髪にカラーをするとムラになりやすい原因になるというわけですね。

ムラにならないような方法はありますか?

これは正直お客様の髪質やダメージ具合によって変わってしまう事なのでお約束が出来ない部分になるのですが、

私が普段行っているのが、髪の毛の成分で『CMC補修成分』という前処理剤を使用いています。

 

CMC(細胞膜複合体)の役割は、

1. キューティクル、コルテックス細胞同士の接着
キューティクルの剥離、リフトアップを防いでダメージから守り、バサツキを防ぎ、細胞間のクッションとなり柔軟性を与えます。
2. 適正な水分量の維持、
毛髪内部の水分量を一定に保ち毛髪内部から潤いを与えます。
3.健全毛の証、疎水性の維持
特にヘアカラー毛の方にはCMCの存在はなく、疎水性(水を弾く)効果がなく不必要に水を含みコシがなくなったり、なかなかか乾かないなど、非常に不健全な状態になります。
引用元 http://www.kamifu-sen.com/mt/cmc.html

 

簡単に普段の使用方法を説明すると、この『CMCを使用することでお薬の浸透をよくし通り道を作ってあげて施術を行っている』という感じです。

 

縮毛矯正やカラーに関しては一番大事にしている事は、当てる前の準備をすごく大事にしております。

 

この準備に当たるのが上記の流れという訳ですね。最初はよけいなお薬を付けない派だったんですが

 

薬剤の科学変化や思った色にならないケース、縮毛矯正の伸び具合などが上手くいかない事があって

そこで勉強をもう一度し直してから必要な薬品だけをして施術を行うようにさせていただきました。

 

今でも勉強は常にしており、現在の美容薬品は企業努力のおかげもあり

 

あらゆる髪の毛の条件に合った処理剤が生まれて

 

何種類もの薬品を使用もせずにパフォーマンスが高い商材があるのでとても便利になりました。

 

お家でのケアは?

[speech_balloon_right1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/06/7CDFE3F4-208C-43BD-9233-7E488ECECAE1.png” user_name=”お客様”]やっぱり同時施術はよくないんですね[/speech_balloon_right1] [speech_balloon_left1 user_image_url=”https://kouichiblogchikara.com/wp-content/uploads/2020/07/IMG_4127-2.jpg” user_name=”主税”]髪質改善コースでもある程度はダメージレスになりました[/speech_balloon_left1]

できれば、カラーとは最初にもお伝えしましたが、日にちをおいて施術して頂くのが一番良い方法になります。

どうしても都合や時間の関係で同時施術になる場合があると思います。

 

もちろん薬事法というのもありますので、最低でも1週間は置いたほうが良いと思います。

医薬部外品の縮毛矯正剤と医薬部外品の染毛剤は同時施術NGです。

化粧品登録の縮毛矯正剤と医薬部外品の染毛剤はOKです。

 

薬剤は色々取り揃えていますので同時施術がにできるようなお薬も揃えていますので

まずは、カウンセリングからご相談下さい!

 

 

ABOUT ME
アバター
主税 巧一
京都の長岡天神で務める縮毛矯正専門美容師|NYNY長岡天神店(ニューヨーク・ニュヨーク)店長|アートディレクター|年間300件以上の縮毛矯正大好き美容師がくせ毛のお悩みをいち早く解決してみせます!